効果のあるキャピキシルが医薬品ではない本当?の理由

化粧品分類

キャピキシルは化粧品に分類されています。

化粧品と言われると、それだけで特に理由は無くても効果が薄いような印象を持つ方が多く、人によっては医薬品では無いから、という理由だけでキャピキシルに効果は無いと判断される方もいます。

しかし、分類されている種類だけでキャピキシルを判断するのは間違っています。

それは、キャピキシルが化粧品に分類されているのには深い理由があるからです。

この記事では、発毛効果があると実証されているキャピキシルが医薬品では無い本当の理由を解説していきます。

医薬品ではない育毛剤には効果が無い!

と思っている方にこそ、読んで欲しい内容です。

育毛剤のカテゴリー

育毛剤は日本の医薬品によって3種類のカテゴリーに分けられています。

 

1.医薬品

 

様々な試験を経て安全な使用量、使用方法が確かめられ、効果効能が厚生労働大臣や都道府県知事に認められている製品

厳格に用法容量が定められています。

 

2.医薬部外品

 

有効成分を含み使用することで症状の改善が見込めると厚生労働大臣が認めた製品

成分表示は義務付けられています。

 

3.化粧品

 

医薬品、医薬部外品に含まれない製品は化粧品となります。化粧品は厳格な規定は無く、使用することで患部を清潔に保つとされています。

国内で販売されている育毛剤は必ず、この3つのカテゴリーのどこかに属しています。

一般的には

医薬品→医薬部外品→化粧品

の順に効果が強いとされています。

そして、キャピキシルは化粧品に分類されているのが現状です。

 

化粧品にカテゴライズされているキャピキシルに効果は無いのか?

 

前項の育毛剤のカテゴリーを読んだ方は

やっぱり化粧品に分類されているキャピキシルは効果が弱いんじゃん

と思ったことでしょう。

しかし

話はそう簡単では無いようです。

キャピキシルは開発元のカナダのルーカスマイヤー社の実証実験によって、ミノキシジルの3倍の効果があり、確かな発毛効果があることが科学的に証明されています。

キャピキシルの発毛効果

また、別の実証実験ではキャピキシル使用者と未使用者を対象にした実験結果も報告されています。

キャピキシルのAGA効果

これはどういうことなのでしょうか?

発毛効果が認められず、薬事法の文面上は患部を清潔に保つに過ぎない化粧品に分類されているキャピキシルに、何故このような発毛効果が確認されているのでしょうか?

効果があるのなら、医薬品や医薬部外品に分類されるべきではないでしょうか?

もう訳が分かりません。

 

何故キャピキシルは化粧品に分類されているのか?

 

発毛効果が公表されているのに、キャピキシルが化粧品に分類されていることに疑問を感じた私は調査を進めました。

その結果、意外な事実が分かりました。

実はキャピキシルが化粧品に分類されているのは、大人の事情にありました。。。

キャピキシルはカナダのルーカスマイヤー社が開発した成分であり、ルーカスマイヤー社からキャピキシルは輸出され、輸出されたキャピキシルを使用して各育毛剤メーカーがキャピキシル配合育毛剤を作っています。

海外で製造開発された成分を含んだ製品を医薬品、医薬部外品として認定する為に厚生労働省に申請するには、とてもお金が掛かります。

(例えば、海外での製造工程の検査調査、定期的な監査、定期的な更新申請の手続き…などなどです。)

そして、これだけ膨大なお金を掛けても育毛剤市場は、爆発的な利益を得られるほど大きな市場では無いので、元が取れない可能性もあります。

しかも、医薬品や医薬部外品になると、製品に使用できる成分に縛りが出てくるので、育毛剤の要となる成長因子を自由に使えなくなるのです。

つまり医薬品や医薬部外品にすることを目的にキャピキシル配合育毛剤を開発するよりも、化粧品としてキャピキシル配合育毛剤を販売した方が効率的かつ経済的だと言えるのです。

 

まとめ

 

日本には薬事法によって育毛剤は医薬品、医薬部外品、化粧品と3種類に分類されています。

一般的には医薬品→医薬部外品→化粧品の順に効果が強くなるのですが、キャピキシルは法律や経済的合理性などの大人の事情によって、効果があるにも関わらず化粧品として販売されているのが実情です。

そして、これはキャピキシルだけでなく海外で製造されている有効成分を含む製品全般に見られる傾向です。

そのため、必ずしも化粧品に分類されているから、という理由だけで製品を判断してはいけません。

製品を判断するときは、分類では無く科学的な証明(エビデンス)によって判断するべきと言えるでしょう。

 

>キャピキシルだけで薄毛を治せるか?<

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*