効果のあるキャピキシルが医薬品ではない本当?の理由

化粧品分類

キャピキシルは化粧品に分類されています。

化粧品と言われると、それだけで特に理由は無くても効果が薄いような印象を持つ方が多く、人によっては医薬品では無いから、という理由だけでキャピキシルに効果は無いと判断される方もいます。

しかし、分類されている種類だけでキャピキシルを判断するのは間違っています。

それは、キャピキシルが化粧品に分類されているのには深い理由があるからです。

この記事では、発毛効果があると実証されているキャピキシルが医薬品では無い本当の理由を解説していきます。

医薬品ではない育毛剤には効果が無い!

と思っている方にこそ、読んで欲しい内容です。

育毛剤のカテゴリー

育毛剤は日本の医薬品によって3種類のカテゴリーに分けられています。

 

1.医薬品

 

様々な試験を経て安全な使用量、使用方法が確かめられ、効果効能が厚生労働大臣や都道府県知事に認められている製品

厳格に用法容量が定められています。

 

2.医薬部外品

 

有効成分を含み使用することで症状の改善が見込めると厚生労働大臣が認めた製品

成分表示は義務付けられています。

 

3.化粧品

 

医薬品、医薬部外品に含まれない製品は化粧品となります。化粧品は厳格な規定は無く、使用することで患部を清潔に保つとされています。

国内で販売されている育毛剤は必ず、この3つのカテゴリーのどこかに属しています。

一般的には

医薬品→医薬部外品→化粧品

の順に効果が強いとされています。

そして、キャピキシルは化粧品に分類されているのが現状です。

 

化粧品にカテゴライズされているキャピキシルに効果は無いのか?

 

前項の育毛剤のカテゴリーを読んだ方は

やっぱり化粧品に分類されているキャピキシルは効果が弱いんじゃん

と思ったことでしょう。

しかし

話はそう簡単では無いようです。

キャピキシルは開発元のカナダのルーカスマイヤー社の実証実験によって、ミノキシジルの3倍の効果があり、確かな発毛効果があることが科学的に証明されています。

キャピキシルの発毛効果

また、別の実証実験ではキャピキシル使用者と未使用者を対象にした実験結果も報告されています。

キャピキシルのAGA効果

これはどういうことなのでしょうか?

発毛効果が認められず、薬事法の文面上は患部を清潔に保つに過ぎない化粧品に分類されているキャピキシルに、何故このような発毛効果が確認されているのでしょうか?

効果があるのなら、医薬品や医薬部外品に分類されるべきではないでしょうか?

もう訳が分かりません。

 

何故キャピキシルは化粧品に分類されているのか?

 

発毛効果が公表されているのに、キャピキシルが化粧品に分類されていることに疑問を感じた私は調査を進めました。

その結果、意外な事実が分かりました。

実はキャピキシルが化粧品に分類されているのは、大人の事情にありました。。。

キャピキシルはカナダのルーカスマイヤー社が開発した成分であり、ルーカスマイヤー社からキャピキシルは輸出され、輸出されたキャピキシルを使用して各育毛剤メーカーがキャピキシル配合育毛剤を作っています。

海外で製造開発された成分を含んだ製品を医薬品、医薬部外品として認定する為に厚生労働省に申請するには、とてもお金が掛かります。

(例えば、海外での製造工程の検査調査、定期的な監査、定期的な更新申請の手続き…などなどです。)

そして、これだけ膨大なお金を掛けても育毛剤市場は、爆発的な利益を得られるほど大きな市場では無いので、元が取れない可能性もあります。

しかも、医薬品や医薬部外品になると、製品に使用できる成分に縛りが出てくるので、育毛剤の要となる成長因子を自由に使えなくなるのです。

つまり医薬品や医薬部外品にすることを目的にキャピキシル配合育毛剤を開発するよりも、化粧品としてキャピキシル配合育毛剤を販売した方が効率的かつ経済的だと言えるのです。

 

まとめ

 

日本には薬事法によって育毛剤は医薬品、医薬部外品、化粧品と3種類に分類されています。

一般的には医薬品→医薬部外品→化粧品の順に効果が強くなるのですが、キャピキシルは法律や経済的合理性などの大人の事情によって、効果があるにも関わらず化粧品として販売されているのが実情です。

そして、これはキャピキシルだけでなく海外で製造されている有効成分を含む製品全般に見られる傾向です。

そのため、必ずしも化粧品に分類されているから、という理由だけで製品を判断してはいけません。

製品を判断するときは、分類では無く科学的な証明(エビデンス)によって判断するべきと言えるでしょう。

 

>キャピキシルだけで薄毛を治せるか?<

 

キャピキシル育毛剤は買っていけない!?おすすめできない本当の理由

買ってはいけない

ネット上で育毛に効果があると話題のキャピキシル育毛剤ですが、

実はキャピキシル育毛剤のどれを買っても素晴らしい結果を得られる!とは限りません。

現実には、キャピキシル育毛剤を買って大満足する人もいれば、キャピキシル育毛剤を買って後悔している人も存在します。

しかし、それにも関わらずネットの多くのサイトでは、

私のおすすめのキャピキシル育毛剤を使えば、それで薄毛は全て解決できる!

ような勢いで書かれています。

私はハッキリと言いますが、必ずしもおすすめの育毛剤を買えば全ての問題が解決する訳では無いでしょう。

キャピキシル育毛剤を選ぶ際に注意するポイントを知らない方は、キャピキシル育毛剤を買っても後悔してしまう結果になります。

そして、この記事では、キャピキシル育毛剤を買ってから後悔しない為に、購入時に注意するべき大切なポイントを解説していきます。

この記事を読んで購入時に注意すれば、キャピキシル育毛剤で後悔することは無いでしょう。

そもそも、キャピキシルは効果があるのか?

キャピキシル育毛剤を選ぶ前に、そもそもキャピキシルに本当に育毛効果があるのかどうか?疑っている方も多いのではないでしょうか?

キャピキシルに育毛効果があることは、キャピキシルの開発メーカーであるカナダの大手化粧品会社ルーカスマイヤー社が実験に基づく科学的データをウェブ上に掲載しています。

実験データの育毛に関わる部分を抜き出して紹介すると

キャピキシルの発毛効果

このように科学的知見から育毛に効果があることが実証されています。

キャピキシルに育毛効果があることは間違いないわけです。

育毛効果があるのに後悔するのは何故なのか?

では、何故育毛効果があるキャピキシルが配合されているはずの育毛剤を購入して後悔する人が出て来ているのでしょうか?

それは、キャピキシル配合育毛剤は各育毛剤によって製品内容が異なり、その違いによって思いも寄らない事態に陥ることがあるからです。

次項では、そんな思いも寄らない事態に陥らないように、注意すべきポイントを解説していきます。

買う前に知っておかないと後悔する、大切なポイント

①キャピキシル育毛剤は値段が高い

キャピキシル配合育毛剤は、総じて高価です。

これは有効な育毛成分のキャピキシルや成長因子が高価なので仕方がないようです。

そして、育毛剤の効果が出るまでに約半年間は掛かるので、少なくとも半年継続する上で、どのくらいの費用が掛かるかを計算して総額を認識してから育毛剤を選ぶのが良いでしょう。

②大抵コースの場合はすぐに解約できないようになっているので注意が必要

①から続きますが、キャピキシル育毛剤が高価なことはメーカーも認識しており、その問題を緩和させる為なのか殆どのキャピキシル育毛剤は、まとめ買いコースとして、3本セット、6本セットのようなセット販売コースを用意しています。

例1「フィンジア」

フィンジア

例2「Deeper3D」

Deeper3D

まとめ買いコースを利用すれば、確かに1本の価格は割安にはなるのですが途中で解約することはできない場合が多いです。

育毛剤の多くは、納得できなければ返金して貰える返金保障制度を用意しているので、もし嫌なら返金してもらおうと考えていても、購入時に価格につられてまとめ買いコースを選択してしまい、実はまとめ買いコースは返金保障制度適用外だった、なんてパターンも起きうるのです。

こういうこともありますので、まとめ買いコースを選ぶ際には、返金保障制度の対象外なのかどうか?本当に何ヶ月も続けるつもりがあるのか?を自分に問いかける必要があります。

③節約すると製品によっては使い心地が悪くなる

キャピキシル育毛剤も、物に寄ってはとてもリーズナブルな商品があります。

ボントレスローション

例えば、インド産のボントレスローションというキャピキシル育毛剤があります。この育毛剤は、1本5000円ほどで購入できるので価格は魅力的です。

しかし、その使い心地はベタベタしていて、とても長い期間使うことはできない、という人が続出しています。

余りにも安過ぎる商品は、それ相応の理由があるので下調べをキチンとして価格だけで育毛剤を選ばないようにしましょう。

 

このようなキャピキシル製品は正に【買ってはいけない】部類のものだと個人的には思います。

 

④キャピキシル認定マークの有無しでクオリティが違うかもしれません

 

キャピキシルの開発メーカーのルーカスマイヤー社は、自社で製造したキャピキシルを効果が認められる推奨濃度で配合した商品には認定マークを表示することを認めています。

キャピキシルマーク

このマークは品質の証です。

このマークが付いていないキャピキシルは、開発メーカーが製造したキャピキシルでは無く、怪しく合成されたキャピキシルの可能性があり使用することで肌が荒れたり問題が起こることがあります。

そのため、認定マークが表示されたキャピキシル育毛剤を選ぶと良いでしょう。

まとめ

ここで紹介したポイントを抑えて選べば

しっかりとしたキャピキシル育毛剤を購入することができます。

ただ、しっかりとしたキャピキシル育毛剤はある程度費用が掛かります。

費用の大きさに躊躇してしまうかもしれませんが、キャピキシルは育毛に効果があり副作用も無いことは科学的に証明されています。

そのため、しっかりとしたキャピキシル育毛剤なら費用分の効果は期待できるので決して高い買い物にはならないでしょう。

>キャピキシルだけで薄毛を治せるか?<

キャピキシルの海外製品はポラリスのように最強クラスか!?

ルーカスマイヤー社

キャピキシルはカナダの大手化粧品会社のルーカスマイヤー社が開発製造しています。

そして、国内のキャピキシル育毛剤は、ルーカスマイヤー社から輸入したキャピキシルを育毛剤に配合してキャピキシル育毛剤を作っています。

この構図を見ていると、キャピキシルの本場は海外の国々なのではないか?

と思えてきます。

そもそも、日本は薬事法や関税が複雑なので、他国よりも輸入の難易度は高いです。

しかも、育毛剤として販売するにしても数々の検査や申請を行わなければなりません。

そう考えれば、海外には国内よりも良質なキャピキシル育毛剤があるのではないか?と考えられます。

そこで、この記事ではキャピキシルの海外製品について調べていきます。

「キャピキシルの海外製品はポラリスのように最強クラスか!?」の続きを読む…